氷河期よしだの転職記

ブラック企業から外資コンサルへ

【新卒就活編】2003年1月〜:自己分析も業界研究もせずに就活を始めた結果www

f:id:naitoh3rd:20210928231325p:plain

ターゲット選定

2003年1月。

去年の年末ごろから動き出したものの...

年末に応募したところで、実際に説明会に行くのは年明けになるな。

 

就活するにも、まずはターゲットを決めなきゃ。

ということで、だいたい以下のような思考で、応募する会社を決めていったと思う。

 

-----------------------------

金融

⇒高給だし安定してそうだよな。でも競争率高そう。無理。

飲食

⇒長時間労働で、給料安そう。パス。

コンサルティング

⇒意識高い系の陽キャしか居ないんだろ?俺とは別世界の住人が行くところだな。

ソフトウェア

⇒パソコン好きだし、情報処理の資格も活かせそう。ここにするか!ついでに大好きなゲーム業界も受けよう!

 

あとは、内資or外資のどちらにするか、だが。

これは内資一択だな。外資系企業は、使えない社員はすぐクビにするんだろ?無能な俺は瞬殺されそうだ。

 

結果、内資ソフトウェアorゲーム業界に決まり!

 

今となっては進め方や考え方など、色々と間違っていたと思うが、当時はそんなことに気づくことなく、そのまま突き進んだ。

 

就活開始

ターゲットも決めたし、いよいよ就活開始!

リクナビの新卒専用サイトに登録して、業界を絞って検索する。

とりあえず名前を聞いたことがある会社に応募しまくった。

 

だが、マジで1社も通過しない。説明会にすら行くことができない。

行けるのはせいぜい合同説明会くらいであり、各企業が実施している説明会に呼ばれることは全く無かった。

就活のために取った初級シスアドなんて、1ミリも書類通過率に貢献しないじゃないか!

 

だんだん焦りが出てきた。

幅を広げ、名前を知らない会社にも応募し始めるが、それでも通らない。

そもそも焦り出すのが遅かった。

3月とか4月になると、既に選考が進んでいて、募集している会社が減ってきていた。

 

そうなると、検索して引っかかった会社に無差別に応募するようになった。

絨毯爆撃だ。

会社の情報は、書類が通過してから調べればいい。

そう考えてとにかく応募した。

 

絨毯爆撃が功を奏したのか、やっと説明会まで通してくれる会社が出てきた。

が、SPI(=適性検査)を通過して1次面接までは進むことはあっても、1次面接が受からない。

2次面接とか本当に存在するのか...?都市伝説じゃないのか...?

そう思うくらい、何度チャレンジしてもダメだった。

 

無い内定

4月になると、俺の数少ない友人にも、内定を貰った人がちらほら出始めてきた。

中には複数社から内定を貰った人も。

1社の内定を貰うだけでも死ぬほど大変なのに、どんだけ優秀なんだよ...

まだ内定どころか、2次面接にすら出会えてないぞ...

 

5月頃、いよいよ募集している会社が無くなってきた。

検索しても引っかかる会社は落ちた会社ばかり。

それでも内定をゲットするまでは就活を止めるわけにはいかない。

 

いつ新しい会社が掲載されるか分からないので、掲載された瞬間に応募するために1日に何度も検索した。

リクナビ以外にも色々な媒体を試した。

いつしか、以下のループを辿るのがお決まりのパターンになっていた。

 

何十社もの会社に応募する⇒2〜3社から呼ばれる⇒全部落ちる

全滅したらまた1から応募する

 

心が折れそうになる。

 

1つも内定を貰えないまま、季節はもう、梅雨に差し掛かっていた...